居酒屋の厨房設計図面は3Dで、串揚げ焼き鳥、ダイニングカフェ・・・。働きやすい厨房をレイアウトします。

居酒屋設計図面

レイアウト図面作成

 

3D厨房図面なら素人の方でも分かりやすく安心です。

飲食店の専門家に!


お店の内装も大切ですが、飲食店はやっぱり厨房が大事、厨房機器にとどまらず動線を考えたレイアウト、給排気ダクト工事、グリーストラップ、排水工事も重要です。繁盛店づくりはレイアウト図面から、飲食店の専門家の意見を取り入れて店づくりをしませんか

 

東京都板橋区の居酒屋、移転して大成功

居酒屋設計内装工事

東京都、アメリカンバル開業 DIY

居酒屋設計内装工事

埼玉県越谷市 やきとり居酒屋 改装オープン

居酒屋設計内装工事

 

焼き鳥居酒屋の厨房設計レイアウト図面、店舗改装時にカウンターをつくる。焼台は電気グリラーで三相200v、食洗機はリターンタイプ式です。裏に物置がありますのでこのサイズでもお客様の対応ができます。大衆的なお店を目指したのでイスやテーブルもリーズナブルなものにしました。

 

image92

 

下記は和食居酒屋の厨房設計レイアウト図面です。食器洗浄機はアンダーカウンタータイプ、店内にリーチイン冷蔵ショーケースがあり飲物を大量に保管することができています。焼物器は上火のガス式、ガスフライヤーは別々に2台あります。グリーストラップは掃除ができて作業の邪魔にならないところに設置しました。

 

居酒屋設計レイアウト図面


 

やきとり、串揚げ


焼鳥は何といっても居酒屋メニューの定番、人気ナンバーワン!?。しかし串刺しが大変、しかも鶏肉は鮮度の劣化が速いようで管理も少し大変な様子。今では小型の焼き鳥の串刺し機が人気のようです。
串揚げは素人でも簡単なようです。加工品から野菜まで何でも串に刺して揚げれば出来上がり。焼鳥と串揚げを上手く組み合わせて繁盛店をつくりませんか。

 

フライヤーの活用


あるチェーン店の話ですが、メニューの半分は揚物だそうです。若い人たちは揚物が好きなようです。からあげ、ポテト、串揚げなどの他、揚げ物メニューはたくさんあります。フライヤーがあれば簡単に調理できます。170℃~、で揚げてしまうのですから食中毒の心配も少ない。揚物のメニューを上手に活用するのがポイント

中にはフライヤーは要らないとか、刺身はやらないとか・・・。 まあそれで経営が順調ならよいのですが・・儲かるメニュー、売れるメニューなどメニューに対する考え方がお店の繁栄につながります。

 

ランチで売上アップ


売上が下がった店がランチを始めました。そうすると夜の売上が上がった。そういう意見がありました。私も同感です。ランチ営業をすることでランチの売上がプラスされ、さらに夜の売上も増えます。問題なのは人件費です。人時生産性の面から考えて採算が合えばよいことだと思います。もう一つ、昼に営業することで、後々夜の営業がおろそかにならないかという点です。
とにかく売上を伸ばしたいなら、昼の営業をすること、実行してみることを提案します。

 


 

営業地域は

埼玉県(川越市、鶴ヶ島市、東松山市、所沢市、さいたま市、新座市、和光市、朝霞市、志木市、他全域)

東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県居酒屋開業

※一部地域を除く、また仕事状況によりお待たせする場合もございます。

電話 049-239-3118 AM9時~PM6時 月~土

FAX 049-239-3119 24時間

メール f-plan@sweet.ocn.ne.jp