自家製麺のメリット


自家製麺委すると、オーナーの考える独自の面が作れます。ただしその分、自ら研究することになります。使われる製麺機によって特性があるためです。どこのメーカの機種を選定するかがポイントになります。

 

自家製麺の原価


仕入麺の原価が55円だとします。だいたいこの位です。自家製麺にすると25円の原価ぐらいです。その差は30円になります。うどん、そば、パスタ、中華麺でで粉の原価は異なります。ただ仕入との差額は30円だとして考えてよいかと思います。

 

年間90万円の差額


1人前30円×100食=3,000円。1日3,000円×300日営業=1年間で90万円の差額になります。50食ならその半分で45万円として考えることができます。

 

製麺の人件費は30万円


1時間に100食作れる製麺機なら人件費は1時間だけ、仮に時給1,000円だとすると人件費は1,000円になります。1日1,000円×年間300日=300,000円になります。
1時間に50食作れる製麺機なら人件費は2時間になります。時給1,000円なら2,000円ということになります。1日2,000円×300日は600,000円という計算になります。

 

空いた時間に製麺する


自家製麺のためだけにパート、アルバイトを雇うなら上記の計算が参考になりますが、パートの空いた時間を利用たり、オーナー自ら製麺すると人件費の考え方は変わります。

 

生麺の販売で450万円!


製麺機を導入したら生麺を販売することもできます。当社の顧客で1日1.5万円、年間で1.5×300日=450万円を生麺だけで売上げている店がありました。生麺の販売を行うと宣伝効果もあります。利用同期が増えるので相乗効果としてお店の売上が上がります。

 

デメリット


手打での製麺なら機械は要りませんが、一般的には製麺機を購入することになります。その製麺機の価格が生じます。中古という選択肢もありますが、中古ではリースやクレジットが組めないことがあります。中古で気に入った製品に巡り合えばよいのですが・・・。
製麺機の価格は30万円の小型のものから300万円を超える本格的なものまであります。
一生ものになるケースもありますので、よく吟味して決定されることをアドバイスいたします。

 

製麺機のコスト


製麺機の価格が100万円だとして6年リースにすると、月々の16,800円位になります。1日あたりは16,800円÷25日=672円です。1年間では16,800円×12ヶ月=201,600円になります。

50万円の製麺機ならその半額になります。1日あたりは336円ということに、年間では100,800円という計算になります。

 

この卓上製麺機がすごい!


卓上製麺機

製麺機はいろいろあります。その中でご紹介したいのがこれ!です。この卓上製麺機ならだれで簡単に十割そば、うどん、パスタ、中華麺が作れます。練ったり伸ばしたりの作業が不要です。値段も本体価格は47万円でリースにすると9,200円(税別)1日あたり9,200円÷25日=368円

 

詳しくはユーチューブでも公開中です。
遠くは沖縄の宮古島まで販売、沖縄そばの製麺にも導入して頂きました。

 
製麺機リース

その他各メーカーは本当に良い製麺機があります(上記は一例です)

 

 

お問合せ、ご質問は・・・


営業地域

東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

埼玉県(川越市、鶴ヶ島市、東松山市、所沢市、さいたま市、新座市、和光市、朝霞市、志木市、他全域)

※一部地域を除く、また仕事状況によりお待たせする場合もございます。

電話 049-239-3118 AM9時~PM6時 月~土

FAX 049-239-3119 24時間

メール f-plan@sweet.ocn.ne.jp

 

有料相談
来社相談3000円出張相談15000円