おかげさまで仕事の流れが良くなりました。店員4人で100人以上の対応ができました。売上は10万円以上です・・・本日、お客様より喜びの電話をいただきました。(10月3日)

4人で100人以上のお客様をこなす

9月の中旬に、この店の(そば店)売上と改善の相談に伺いました。要件の趣旨は少ない人件費で利益を確保する方法でした。昼の時間に4人で100人のお客様を無理なくこなせるように・・・という話でした。

この店は昼の営業時間に待ちのでるほど繁盛している店です。正直、これ以上ランチ時に客数を伸ばすことはどうなのか、私は悩みました。

そして、私が提案した改善策は、

そば店の売上と改装

1.食器の下げ台部分を改善する

2.メニューブックの見直し

3.客席レイアウトの変更

4.ディナーメニューの提案

 


1.食器の下げ大部分を改善する

食器の下げ台のスペースを少し広げ、柱をカットして棚を作ることを提案しました。この作業は工務店にお願いするようにしました。

食器洗浄機を入れての洗浄コストを削減することがかなり有効ですが、その前に客席のテーブルの上の食器を下げることが優先です。早くかたずけることで客席の回転率を上げることができます。食器はできるだけまとめておいて後で洗浄することにしました。

2.メニューブックの見直し

分かりやすいメニューブック
何がおすすめなのか、どれがお得なのか・・・、ランチは時間が勝負、メニューについても分かりやすいメニューを作るように提案しています。
例えば価格帯の配列、多くの店は1,000円のメニューばかりを並べますが、1,000円のメニューを並べるよりも700円、900円、1,200円というように価格帯を変えることを提案します。結果として客単価が導かれることが好ましい状態です。店側が客単価を決めるようなメニューは考える必要があります。

低予算で一番効果的な方法はメニューの見直しです。

私の経験上、実はメニューブックを見直すことで、多くの店は売り上げを伸ばすことができます。大半の個人店は、メニューブックを軽視しています。私は断言します。売れないのは必ずやメニューブックに問題があります。

3.客席レイアウトの変更

1人客を意識して2人席を増やしました。郊外型の店舗は駐車場が売上を左右します。メニュー構成にもよりますが、1名のお客様が多い場合は1人席の対応を考えることが求められます。

客数より組数で考える。1人でも1組、4人でも1組です。車1台あたり何人のお客様か、考えりる必要があります。通常、私はは1人客は重要視していませんが、立地環境によって無視することができません。提供するメニューのもよりますので、その辺をよく考える必要があります。

4.ディナーメニューの提案

夜の集客で売上を伸ばす。

私は31年この仕事をしていますが、そばうどん店の経営者から、蕎麦屋うどん屋は昼の売上が大半で後は出前だけ、夜はほとんど売れない・・・。そう教えられました。昔は特にそうでした。
ところで本当にそばうどん店は夜に売れないのでしょうか?
そばうどん店が夜売れない理由、それはメニューにあります。私の意見ですが、そば・うどんはご馳走ではないからです!?、だからディナーに弱いのです。そこでどうすればよいのか・・・ご馳走感のあるメニューにすればいいのです。

例えば、寿司を取り入れて(すしロボット)で売上を伸ばしたお店はたくさんあります。夜の集客には夜のメニューを取り入れることです。

 

営業エリア

東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

イタリアン開業

埼玉県(川越市、鶴ヶ島市、東松山市、所沢市、さいたま市、新座市、和光市、朝霞市、志木市、他全域)※一部地域を除く、また仕事状況によりお待たせする場合もございます。

電話 049-239-3118 AM9時~PM6時 月~土
FAX 049-239-3119 24時間

メール f-plan@sweet.ocn.ne.jp

まずは無料電話相談から、匿名可です。

飲食のことなら何でも、お気軽に!※匿名で構いません。融資借入、リースクレジット、店舗設計、デザイン、内装工事、厨房設計、売上予測、物件の選び方、集客、販売促進、看板デザイン、減価償却・・・ご質問に正直にお答え致します。

電話 049-239-3118 平日のAM9時~PM6時(日曜祭日は休み)

 

有料相談のお申し込みは

電話か携帯(必須)

メール

☆ ご相談を希望の方は
来社相談3,000円出張相談15,000円