飲食店集客

20坪以上の店が儲かる

20坪の店の客席は1,5倍の約30席になります。

売上をシュミレーションすると・・・30席×4回転=120人、120人×客単価1,000円=120,000円になります。これが10坪の店なら売上は半分の6万円になります。この数字は大ざっぱな数字ですが目安になる数字だと考えてください。実際に経営するとこの数字をクリアするのが簡単ではないことに気付くことになります。都内と地方では異なりますので付け加えると、都内は回転率が増えて郊外は回転率が下がります。

宴会部屋をつくる

フリー客をターゲットのすると儲からない。フリー客がたくさん来ると忙しくて充実感を感じるかもしれませんが、売上を計算すると思いの外、売れていないことにがっかりします。
儲かる店は宴会を獲得することができる店です。宴会というと20人の予約と思うかもしれませんが、そのような考えは捨ててください。4人組の客を5組取るという発想に切り替えてください。4人組にターゲットを絞ったほうが経営が安定します。お店の客席を考え直すことが必要になるかもしれません。

人件費を掛けない

1日10万円、月に250万円を一人で売る
当り前の話ですが、人件費を掛けないことが儲かる秘訣です。いくら売上げても人件費と家賃を払ったらお金が残らないという店がたくさんあります。それ以上に売れて利益が出せればよいのですが、それは無理は話です。
業種や売り方にもよりますが、調理は一人で後はパート・アルバイトでまわる店を構築することです。

儲かるには設計から見直す必要もあります。どうしても生産性が悪く、儲かりにくい店があるのも事実だからです。

ワゴン車もバスも運転手は一人

一番高い人件費を考える。私は昔から言っていた言葉ですが普通車も観光バスも運転手は一人です。人件費の観点から一人で多くの人を乗せることが利益を生むポイントです。儲かる商売は生産性を考えなければなりません。一番高い経費は人件費、人件費をよく理解すれば儲かる店はつくれるはずです。

2店舗より1店舗

小さい店を2店舗経営するよりも大きな店を1店舗経営する方が儲かる。弁当店など、小規模店を複数経営していくパターンがありますが、これはこれで成功パターンです。否定はしません。
人件費など諸々考えると、どうしても小規模店のほうが不利に思えるからです。そもそも小規模店は生業規模のビジネスです。家族が食べていけるレベルの店なので事業としてはどうか、という疑問もあります。小さい店はそもそも儲けが少ない。それを複数店経営してもオーナーとしても収入が少ないということになります。

一人客を取らない

儲けたいなら一人客は重要視しない。以前、和食店の改装で1人客のためのカウンターを作ったことがありました。しかし半年もしないうちにカウンターから椅子がなくなり、その席は使われていません。理由を尋ねると売上の面から言えば一人席は逆効果だったそうです。その店は今も繁盛店です!

都内ではカウンター席の優良店をテレビで目にします。が、しかし・・・都内では何でもありです。その証拠に地方に来れば立ち食いの高単価のレストランはまず見かけません。都内と地方は商売の質が異なります。

セットメニューを売る

昼もセット、夜もセットメニューがいい。セットにすることで客単価を上げることができます。必然的にいい客を取り込むことができるようになります。セットにすることでお得感を与え、そのメニューが集中することで作業効率が上がります。

夜もセットがいい、アラカルトはダメ、コースは効率が悪いので高級レストラン以外はやらないほうがよい。高級レストランの真似をしても仕方がないのでセットにすることがおすすめ。ディナーのセットメニューで、これはランチとは違います。客単価は1,500円~

テイクアウトコーナーを造る

商品をお金に変える方法は?何もイートインである必要がありません。スーパーやコンビニが飲食店の域に入り込んでいます。このことを理解しなければなりません。私が担当していたチェーンは餃子を店頭で販売していました。それに脅威を感じたスーパーの店長が見学に来たことがありました。イートインで売上が達成するなら良いのですが、その先も考えた経営スタイルが求められます。

物件で妥協しない

成功するか、しないかはこの段階でほぼ決まっていると言っても過言ではありません。良い物件なら売上も順調で経営自体も楽です。
皆さん開業しようと思ってから物件を本格的に探すことになります。なかなか見つからないと知らぬ間に妥協することになります。かといって妥協しないといつまでたっても開業することはできません。これはという物件があったら売上を予測することです。この時の冷静さが重要です。できれば第三者に売上予測の意見を聞きたいところではないでしょうか。

本気で売上を伸ばしたい方へ

飲食店販売促進

売上を伸ばすには販促による集客が効果的です。最近ではインターネットの集客も効果ですが、それだけでも不十分です。販促も、ただやればよいというわけではありません。どうすれば効果が表れるのか、費用対効果を意識しながら、貴店の売上を伸ばします。

営業地域

飲食店コンサルティングエリア東京都、埼玉県(川越市、鶴ヶ島市、東松山市、所沢市、さいたま市、新座市、和光市、朝霞市、志木市、他全域)

※一部地域を除く、また仕事状況によりお待たせする場合もございます。

電話 049-239-3118 AM9時~PM6時 月~土

FAX 049-239-3119 24時間

メール f-plan@sweet.ocn.ne.jp