唐揚げ弁当、とんかつ弁当、コロッケ弁当、メンチ・ハムカツ・エビフライ・・・フライヤーで作れるメニューでお弁当店を開業、弁当店なら低予算で開業できます。

善太郎食堂さんの場合

から揚げ弁当開業善太郎食堂さんはから揚げが人気の食堂です。

お持帰りでも売上を伸ばす人気の店舗です。小規模店なのですぐに満席、ごはんも売り切れ状態です。そんな状況なのでランチ営業も2時前に終了して、後は休憩と仕込み。
短時間で売上を確保するのが理想なのでいい状態だと言えると思います。

 

メニューの一部、他の定食メニューもあります。

からあげ開業メニュー

イートインなら店内での売上も上げられます。

からあげ弁当内装工事

弁当店開業のメリット

おすすめの理由は、低資金で開業できること。技術の習得が簡単ということ、小スペースで開業できること、厨房設備が簡単なこと・・・・。メリットはたくさんあります。万が一、失敗してもリスクが少ない。立地で失敗したなら移転することも比較的簡単です。重要なのは立地選びと売り方、イメージ戦略です。しかし誰でもできそうに見えるところが落とし穴です。開業したからには成功しなければ意味委がありません。

売上シュミレーション

300円~500円の価格でメニューを構成します。大盛りや特盛、単品などを加えることで客単価は上がります。仮に実際の客単価が440円だとすると半分の220円が粗利になります。1日150個販売すると440円×150個=66,000円になります。粗利益は50%で33,000円となります。

※上記は売上と利益の目安です。

開業予算の目安

居抜き店舗なら500万円以下で十分に開業できます。(下記参照)

弁当店開業予算

調理研修も承ります。10万円より

からげ調理研修

弁当店の開業サポート

から揚げ、とんかつ、コロッケ、メンチカツ、ハムカツ・・・ガスフライヤーがあれば比較的簡単に開業できるお弁当店の開業サポートです。投資金額も少なくて物件によっては極端に安く開業が可能です。問題はどのように売り上げを伸ばすか、というところ。

立地で売上が決まる!

成否は立地です。その立地の中には条件があります。家賃がいくらか、人通りは多いか、来客は徒歩か自動車か、近隣に弁当を購入する客層が多いのか、競合店はあるのか・・・。いくつかの項目がありますが、立地条件が良ければ繁盛店にれます。また売上げが足りない場合は宅配デリバリーという奥の手もあります。家賃とのバランスも考えて立地を決めたいところです。

イメージ戦略で売る

イメージ、お店の外観がとても重要です。そして看板デザイン、さらにメニュー看板、お金をかけても好印象を与えることが大切です。デザインが悪いと売れません。このことはどんな商売でも共通しています。デザインはお金をかけても十分におつりがきます。また、ユニホームも重要なポイントです。

なぜ、から揚げなのか

人気の秘密は唐揚げが好きな人が多いこと、原価が安いこと、おつまみ、おかずとしての需要もあることです。今、から揚げをメインにしたお弁当店の情報が多いことに気付きます。これは成功する確率が高いということです。さらに食中毒の心配も少ないのが魅力です。

物件選びは2坪~、5万円~

店舗物件はできるだけ小規模店から、2坪~10坪で、1Fの路面店の物件がお薦め、昼食需要のある立地環境がおすすめです。立地が一番重要ですので人通りの多い場所を探したいものです。店舗面積が広いと家賃が高くなりますので、できるだけ小さな物件を探したいものです。給排水設備が可能であればプレハブという方法もあります。3坪以内は建築許可が要りません。ただし、消防的には防火の観点から注意が必要になります。

低資金で開業できる

加盟金も保証金もありませんので最初の投資金額が少なくてすみます。内装工事は物件により異なります。ほとんどかからない物件もあります。大きな店ですと予想以上に金額がかかることがあります。厨房機器は新品でも中古でも、いづれにしても大きな金額は掛かりません。リースクレジットという選択肢もないわけであありません。研修が必要な場合はサポートします。(下記の表は目安です)

 

客単価を上げる

客単価を上げるには大盛り特盛を用意することでニーズをカバーすることができます。300円のメニューを看板にしても客単価は400円を超えるものです。また弁当の場合は1人が1個とは限りません。まとめて5個、20個ということもあります。

他のメニューを考える場合は、とんかつがおすすめです。とんかつはご馳走感もあり客単価を上げることができます。客層も広げることができます。カレーを仕込んでおけばカツカレーというメニューもできます。ただし、メニューアイテムを増やすとオペレーションの関係で人件費がかさみ儲からなくなります。これは店の都合に合わせたテーマです。

最小限のリスクで開業できる

客席を作らないから内装工事費は低資金で開業できます。厨房機器も50~100万円位です。プレハブを活用した開業も可能です。ただ、プレハブは思いの外メリットがないのも事実です。万が一売上が伸びず移転する場合は、厨房機器を移動することで次の店に利用できます。そのくらいの覚悟があれば失敗も怖くありません。売れるまで、成功するまで挑戦する気構えが必要です。

施工実事例

弁当店は厨房がメインの工事、厨房機器は100万円もあれば十分かもしれません。弁当内装工事


プレハブでの施工事例、給排水工事と電気工事、ガス工事が・・・

プレハブ弁当

小規模なら建築的にOK、気を付けたいのは防火地域。

営業地域

飲食店開業エリア東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

埼玉県(川越市、鶴ヶ島市、東松山市、所沢市、さいたま市、新座市、和光市、朝霞市、志木市、他全域)

※一部地域を除く、また仕事状況によりお待たせする場合もございます。

電話 049-239-3118 AM9時~PM6時 月~土

FAX 049-239-3119 24時間

メール f-plan@sweet.ocn.ne.jp